EdTex ヘルプ

全体

ファイル

編集

検索

ツール

共通設定

カスタマイズ

書式設定

プロジェクト設定

書式設定 : フレーズ

フレーズ(決まり文句、定型句)を登録できます。登録したフレーズは、EdTexメインメニューのフレーズ欄(フレーズメニュー)に表示され、利用できます。


補足

フレーズは、1書式あたり20グループ、1グループあたり20個(計、1グループあたり400個)登録できます。

グループ名の初期値は、「フレーズ1」〜「フレーズ20」になっていますが、好みの名前を設定できます。なお、グループ名を、「-----」(5個の「-」)にした場合、フレーズメニューでは、セパレータとして表示されます(タイトルが、「-----」の場合も同様です)。グループ名は、最大50文字までです。

フレーズは、新規ボタンを押して登録します。タイトルは最大50文字、内容は最大1,000文字まで(半角換算)です。タイトル名の先頭文字は、「[」であってはいけません。登録済みのグループは、編集ボタンを押して変更できます。グループメニュー(フレーズメニュー下のポップアップメニュー)での表示順は、Up, Downボタンで変更できます。なお、フレーズは、フレーズメニューのフレーズに追加コマンドで直接追加することもできます。

グループ名やタイトルでは、「&」の次の文字をそれをアクセスするためのアクセスキーとして使えます。

あいさつ(&A) - あいさつ(A)

Add&ress - Address

内容には、$A 等の特殊文字も使えます。特殊文字については、挿入:文字列を参照してください。

フレーズでは、さらに次の特殊文字も使えます。

$s

現在選択中の文字列を意味します。これを指定しておくと、例えば、選択中の文字列を挟むような形式での挿入も可能です。

例 <A HREF="">$s</A>

$k

挿入、または上書き後のカーソル位置を示します。指定がない場合は、挿入した文字列の末尾になります。

例 <A HREF="$k">$s</A>

なお、$s, $k 自体を単なる文字列として扱いたい場合には、$$s, $$k と記述します。($$は単なる$を意味します)。